are_kore.jpg

2005年07月18日

なるほどこうやって稼ぐのか

先日アフィリエイト月収100万クラスの方にいろいろと教えていただきました。
ASP・成果報酬型アフィリエイトを使った稼ぎ方です。

コロンブスの卵、じゃないですけど、こんなやり方があったのか・・と驚きました。
続きを読む
posted by 白湯 at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月16日

アフィリエイトには負けがない

アフィリエイトはお金をかけなくても始められる、とよく言われます。
パソコンが無いとだめだし、プロバイダと契約したり、電気代が・・というと厳密には多少かかっているのかもしれませんが、大した額ではありません。

サイトを作るのもタダでできます。
忍者ツールズなんかは広告も小さいですし、WEB上には無料レンタルサーバーがごまんとあります。
しかもアフィリエイトに参加するのもタダです。
ASPに加入するのにお金がかかるところをまだ私は知りません。

続きを読む
posted by 白湯 at 07:37| Comment(6) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月14日

アドセンス狩りもGoogleも悪くない

今朝Googleアドセンスをチェックしてみると、クリック数が3000になっていました。
いつもは700〜800なのでこれは異常ですね。

なるほどコレがアドセンス狩り、というものかと暫く画面を凝視していました。
アドセンス狩りとは

続きを読む
posted by 白湯 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

アフィリエイト=小遣いとは考えない

何故アフィリエイトをやっているか。
この問いに多くのアフィリエイターは副収入が欲しいから、と答えるのではないかと思います。
無論、私もそうです。

人によっては副収入として、もしくは本業の収入よりも多いかもしれませんが、小遣い程度でよいからやってみよう、というケースが一番多いのではないでしょうか。
私も、あれこれとアフィリエイトで稼ぐ方法を模索している毎日です。

続きを読む
posted by 白湯 at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月12日

集客重視キーワードと報酬重視キーワード

アフィリエイトに於いてジャンルを絞るのは鉄則ではありますが、すこし柔軟な解釈を考慮したいと思います。
私が行っている集客重視キーワードと報酬重視キーワードを意識する、ということです。

続きを読む
posted by 白湯 at 12:04| Comment(6) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

GoogleよりMSN、MSNよりYST

新規のサイトがすべての検索エンジンで上位表示されるのは難しいように思います。
三つのアルゴリズムはそれぞれ個性的なものになってきました。
小手先のSEOが通じません。

その中で優先順位をつけるとGoogleよりMSN、MSNよりYSTとなります。
私がその順位をつけている理由は

・YST 近々ディレクトリが表示されなくなることで、YSTの重要度が高まる
・MSN リニューアル時からMSN経由のアクセスが増えている
・Google 短期的なSEOが一番難しい アクセスが意外と少ない

これらが主な理由ですが、私が一番検索エンジンとしてのGoogleを軽視しているのにはもう一つ理由があります。

Google経由のユーザーはGoogleアドセンスのクリック率が低いのではないか と思っているからです。

Googleは玄人好みの検索エンジンですし、YSTやMSNに比べるとGoogleアドセンスを知っている割合も高いはずです。
私は徹底してライトユーザーを意識したサイト作りを目指していますので、インターネットに慣れているGoogle経由のユーザーを重要視していません。
ただ、Googleの検索エンジンを使用したDIONなどのポータルサイトはライトユーザーが多いので、施策を怠ることはできませんが。

ランキングです。


posted by 白湯 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

Googleアドセンス・クリック率46%の謎

私のサイトの内2つが、Googleアドセンスのクリック率46%以上を維持しています。
一日たった300PVしかないのに、10ドル以上は稼いでくれます。

46%・・・。

私はクリック保証型が命なのでクリック率を上げることには努力を惜しみませんでしたが、さすがにこれは不自然です。
今までに20、30%を超えることはありましたが、46%は初めてのことです。

何故こんなに高いのでしょうか。

あまり高すぎるとGoogle側の印象も良くないのではないか・・・と不安になります。
いつ警告文がくるか、と身構えているのですが、実際不正クリックもしてないし、Google側から警告されてもどうすることもできません。

他のサイトとも違いはないし・・なんでこの2つだけ・・。
じーっとサイトを見ているうちに一つの仮説が浮かびました。
2つともライトユーザー向けのサイトです。

もしかして、ナビゲーションと間違えられているのでは!?

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:14| Comment(4) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

クリック率が高いサイトの共通点

昨日は自分で運営しているサイトの中でもクリック率に注目して比較していました。
するとクリック率が高いサイトの共通点のようなものが見えてきました。

クリック率が高いのは「商用キーワード以外でSEOをしているもの」でした。

商用キーワードよりももっと漠然としたもの、概念であったりムーブメントなどのキーワードでSEO施策したものがクリック率が高いようです。

具体的には
「キャミソール」よりも「神戸系、セレブ系」
「コエンザイム q10」よりも「ダイエット サプリメント」

商用キーワードを検索する人はその商品を買おうとしている傾向にあると思います。
寄り道せずにその商品を買うか、情報を集めるか。
そういったユーザーにとってGoogleアドセンスなどのクリック保証型アフィリエイトは回り道でしかありません。

アドセンスは「なんとなくサイトを見ている人」をターゲットにすべきではないでしょうか?
明確な目的がある人、忙しい人はクリック率が低いのではないかと思います。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

6月の収支結果

6月はいろいろ変動が激しい月になりました。
Update Bourbon でこんな風になったでも書きましたがGoogleの順位が大幅に下がってしまったサイトがあり、一時は10〜15万ほどの損害がでるかと思われました。
その後、地道に手数を増やして微妙な上位表示を果たし、なんとか5万円くらいは復活できそうか、と思っていたころになぜかYSTで上位表示が始まる。

よしこの調子、と意気込むとさらに追い風でMSNでも上位表示。
理由はよくわからない・・・教科書どおりのSEOしかやっていないのですが、なんとなく上位に表示され、アクセスも増える。

というわけで6月は

成果報酬型が27064円(ポイント含む)

クリック保証型が403480円(1ドル107円として)

全然差がついてますね・・・成果報酬で稼ぐのは私の永遠の課題です。
苦手なんでつい後回しにしてしまうんですが・・クリック保証型のほうが頭使わなくていいし!

後半大分追い上げたんですが、Update Bourbon後の落ち込みが響いてしまいました。
本業も忙しいのであんまりアフィリエイトにばかり時間が使えないので、来月もこんなもんで維持したいところです。

ランキングです。
posted by 白湯 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

成果報酬で稼げるなら営業してみてはどうか

私はクリック報酬型のアフィリエイトには多少覚えがあるのですが、成果報酬がからっきしダメです。
どんなに頑張っても報酬額が10万円に届いたことがありません。
ひどい時はクリック保証型アフィリエイトの10分の1なんてこともあります。

楽天のブログだけで一千万売り上げる主婦がいる、と聞いたことがあります。
百万くらいなら結構いらっしゃるようです。
一千万月に売り上げる、というのは起業するのに十分な実績です。

顧客対応や在庫管理、デリバリーなど多くの部分を提携先に任せているからできる、ということもありますが、一部でも「アフィリエイト」ではなく「委託販売」すれば良いのではないでしょうか。

一千万円売り上げるサイトとその売上実績を提示し、コミッション10%で販売させてくれないか、とかけあえば必ず個人でも取引してくれる所はあるはずです。

10%ならASPに支払う分より少なくてすみますから、メーカー側にも利益のある話です。
そこを強調すれば、低リスクでネットショップが開けます。
アフィリエイトも並行してやればますます安定します。

まとめると
・売り上げるサイトのデザイン、ユーザビリティを高めておく
・確かな実績を提示する
・メーカー側の利益を強調する
・個人事業主として登録しておくとなおよいかもしれません

10%で契約したら、コミッション百万円です。
諸経費がかかるのでここから何割かは減るかもしれませんが、料率1%ってなんだか寂しくないですか?

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:06| Comment(6) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

長いスパンで見守るための提案

検索エンジンの動きが最近特に激しい。
Googleで500位に落とされたサイトが今日みたら7位になっているし、Yahoo!サーチベータ版で3.6.6位だったサイトが全部40位以下に落ちる。
かと思えばMSNで三つとも1位になる・・・。

SEOにもアフィリエイトにも言えることだけど、こういった毎日の変化に一喜一憂していてはいけない。
順位が下がったから何故下がったか調べよう、とか焦ってやる必要はない。
仮にその原因が解けても解けたころにはアルゴリズムが変わっているかもしれない。

楽天は料率が低いから、他のASPを使おうと思った矢先にたまたま料率の高い商品が売れて、棚ボタ収入が入る・・・なんてことがあったりするとどれがいいのかわからなくなる。

もっとどっしり構えて施策しないといけない。
私はよく木を見て森を見ず(小さいことに心を奪われて、全体を見通さないことのたとえ)になってしまう。
視野が狭く、おまけに目先のものしか見えていない。

というわけで思い切ってSEO順位チェック、アフィリエイト収入チェックを三日に一回とか週一回とかにしてみる。
皆さんも毎日、というか数時間ごとにチェックしてませんか(笑)
もっと大局を見通す力が私には必要らしい・・・とほほ。

ランキングです。

posted by 白湯 at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

更新の必要がないサイトをつくる

クリック保証型のアフィリエイトで稼ごうと思ったらアクセス数は重要な要素です。
ただ、検索エンジンなど無料のWEBサービスを利用してのアクセス数には限度があります。
というわけでたくさんサイトを作るわけですが、今度は更新が大変になってしまいます。

では更新しなくても見てもらえるサイトは作れないか。
そう考えた私は辞書のようなサイトを作ろうと考えました。
辞書には膨大な情報が載っていますが、内容はいつになっても腐りません。

項目が増えることはあっても入れ替えたりすることは少ないでしょう。
しかも便利です。

便利で辞書のように情報が腐らないサイト作りに挑戦してみました。
私は慢性頭痛で悩まされていますので、偏頭痛に関する情報を盛り込み、それだけでなく、薬の飲み合わせや、どの薬が効いた、この病院に行った、など自分の体験を基にした情報を記載したサイトにしてみました。

私が取り上げた頭痛関連キーワードの月間検索回数は少ないのですが、医療・健康系のアドセンスは報酬が高いので、一日4〜5ドルくらいは稼いでくれるようになりました。

当面更新の必要はないですが、検索エンジンからの集客だけで、コンスタントに月120ドルくらいは報酬が発生します。
ただし、間違った内容やつまらない情報を載せないよう、とくに注意が必要なジャンルだと思います。

ランキングです。
posted by 白湯 at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

信用が最強のプロモーション

私は4年ほど、バイヤーと販売の仕事をしていましたが、なぜ物が売れるのかをよく考えていました。
なぜなら勤めているショップは量販店に比べて物価が高かったからです。
例えばホームセンターで買えば五千円くらいのマットレスが、私の勤めていたショップでは二万円ほどでした。
同じメーカーの同じもの、ではありませんが、ほとんどデザイン・機能面で違いはありません。

これは「信用」の差だと思います。

たとえば激安で有名な某量販店。
私の住む場所にある某量販店は原色を多く使い、安っぽいイメージです。
激安がウリですから、そんなもんでいいのかと思いますが、この間は十代の少年5.6人が出入り口のブザーを鳴らしていました。

私は何があったのかはじめよくわかりませんでしたが、一目散に走って逃げていくところを見るとおそらく万引きしたのでしょう。
驚いた事に、店員は舌打ちをした後、そのまま元の品だし作業に戻りました。

つまりそうゆう売り方、ということです。

二度とその店には行きません。
私、という顧客の信用を失ったことになりますが、その店は痛くもかゆくもないはずです。
元々接客とか品揃えとか、顧客に対するコンサルティングなんかではなく、安さ、で勝負しているからです。
買ったものが不良品でもアフターケアとかちゃんとしてんのかな、と不安を感じさせます。

私が勤めていたショップは売り方も原始的で、いまだに手書きで伝票を起こすようなところでしたが、顧客からの信用はありました。
全国展開しているし、接客にも力を入れていました。
何より、買ったものに問題があったら責任をとるだろう、という安心感がありました。

その部分を悪用されて返品詐欺なども絶えませんでしたが、それも「信用料」として払っているのでしょう。
損して得とれ、ではないですが。

勤めていたころはお客さんにペコペコして情けない売り方だなあ、とよくぼやいたものですが、今になって「信用」という最強のプロモーション技術を持っていたのだな、と気づかされました。
アフィリエイトサイトもわざわざ私のサイトを見てくれる人から信用を得るようなつくりにしなくてはなりません・・・。

ランキングです。
posted by 白湯 at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

ジョイフルクリックに期待する

比較的新しいASPであるジョイフルクリックに期待している。
Yahoo!アドセンスといい最近期待してばっかだが。
Yahoo!アドセンスは仮にサービスが開始されるとしても、お決まり通り米国でまず始まり、その後日本でも採用される、という流れになるだろう。
半年、一年後になると思う。

ジョイフルクリックは1クリック10円、となかなか高い。
一律なので、アドセンスで稼ぎにくいようなジャンルではジョイフルクリックのほうがいいかもしれない。
アドセンスは稼げないジャンルだと、1クリック3セントとか・・・。
スポーツ系のジャンルは安いみたい。

実験的に一つのサイトで貼ってみるもののクリック率が低い。
0.1%ぐらいだろうか。
アドセンスに比べるまでもなく、この数字は低い・・・。

というのも今はまだ提携している広告主が少ないらしく、サイト内容にあった広告が出ないのである。
提携先も少しずつ増えていっているようなので、陰ながら応援しております。


ランキングです。

posted by 白湯 at 10:10| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

アドワーズ・オーバーチュアの費用対効果

私はGoogleアドセンスをよく使っているけど、これはアドワーズ広告と一蓮托生の関係でもある。
Yahoo!がアドセンスに似たサービスを始めるとしたら、オーバーチュアと関連したアフィリエイトになると思う。
こういったPCP広告はこれから廃れないのだろうか。

たとえば上記のサービスを使って1クリック100円で顧客を呼び込めるとする。
100人呼ぶには1万円かかる。
コンバージョンが5%とすれば、1万円で5人の人がサービスを利用するなり、何か買うなりしてくれるということになる。
1人が1万円使ってくれると利益は出るだろう。

しかも100人の優良な見込み客に対して、CMしながら、である。
今回買ってくれなくてもブックマークには入れてくれているかもしれない。
今度は買ってくれるかもしれない。

こういったことが成り立っているため、アドワーズもオーバーチュアも流行っているように見えるが、効果や費用について考えなければ、「1クリック100円」は暴利だとも思える。
この手のテキスト広告が今のレートのまま拡大していくとは考えないほうがいいだろう。
もっと、安くなってもいいのではないか、と考える。

ランキングです。

posted by 白湯 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

広告のコンバージョンの低さを考察する。

ブログクリックのコンバージョンが低いです。
何%っていうかまだ20円です。(笑)
こういったテキストの自動配信系アフィリエイトは好みなんですけど、なんでこんなに低いのか。

まずこのブログがSEOやアフィリエイトをやってる人たち向けである、ということが挙げられます。
こういった方々はブログクリックが広告であることを知っていますので、なかなか押しません。
もちろん私も他の人のブログを見ている時に押したことはまだありません。

次に関連した広告が出ない、という問題もあります。
Update Bourbon後のSEO施策結果、とか等身大ながらもSEOの話をしている時に「マンツーマン英会話を無料体験」と言われても「おお、英会話が無料で体験できるの?」とはならない。
ふーん、とも思ってもらえないのではないだろうか。

テレビのCMが疎まれるのも興味のない広告が多いからだと思う。
クイズ番組の答えを待っているのに生理用品のCMを見せられても何の興味もそそられない。
しかも私は男である。
関係ない広告を見せるのは芳しくない。

そうは言ってもブログクリックは大手インターネット広告会社・サイバーエージェントが作ったものだし、これからもっとも期待しているアフィリエイトプログラムの一つです。
現状ではブログクリックのクリック率を上げる良い方法は思いつかないけど、のんびり考えていこうと思います。


ランキングです。

posted by 白湯 at 11:52| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月16日

Jリスティングの有効性

Jリスティングのサービスを利用してるサイトを一つだけもっている。
はじめは有料の割にはアクセスが少ないな、と感じたのですが、それでも一日に登録されているポータルサイトからちょこちょことアクセスがあります。
一月にユニークアクセスが50といった所でしょうか。

Googleなら一日でも稼げるようなアクセス数ですが、Jリスティングには安定性があります。
最近の大幅なアルゴリズム変更で痛い目を見ている私としては、たとえ微増でも安定したアクセスは嬉しいものです。
揺るがない絶対的なアクセスというのを実現したいもんです。

加えてリスティングサービスは料金が登録審査の時の一度だけしかかかりません。
継続的にアクセスが見込めるわけですから、かなり良心的と言えますね。
Yahoo!は検索結果からカテゴリが消えてしまうそうですからあまり有用だとは思えませんが、SEO的見地から考えても大手ポータルサイトに登録されるのは意味のあることです。
リンク代としても高くはないですね。
posted by 白湯 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月13日

ヤフセンス早く

Yahoo!がGoogleアドセンスに良く似たサービスを始めるという噂を聞きました。
このサイトを見る限りは発表も近いのではないかと思います。
私はクリック保証型のアフィリエイトに重心をおいていますので、待ち遠しいことこの上ないのです。

このシーサーブログでも採用されている「ブログクリック」にも期待しているのですが、このブログクリックがたくさんのブログで採用されれば、通常のサイトにも展開されるのではないか、と期待しています。
サイバーエージェントさん、是非お願いします。

ジョイフルクリックにも期待しているのですが、まだサイトの内容に関連した広告が表示されず、クリック率もあがりません。
0.5%くらいですね。(アドセンスは10〜25%ぐらいです)

競合サービスがたくさん出てくれば選択の幅も広がるし、サービス自体の向上にもつながるのではないでしょうか。
うーん、ヤフセンス早くー。
posted by 白湯 at 15:17| Comment(2) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月10日

物販系アフィリエイト・コミッションが高い商品を狙う

私が主に物販系でよく使うASPは楽天なのですが、コミッションが非常に高いものがあります。
インテリアのサイトなのでソファとかテーブルなんですが、ソファ・ソファベッドは10%ぐらいつくものがあります。
以前、一日でコミッション10%・上代が60000円のソファが二個売れて、12000ポイントついたことがあります。

10%というのは非常に高いです。
私が以前、家具のバイヤーをやっていたころ、上代(販売価格)に対する粗利は45%ほどでした。
しかしここから人件費や土地代など諸々の経費が引かれていきます。
毎月家賃を払って経営している実店舗にしたらリンクを張って紹介するだけで、後は何もせずに10%の取り分があるなんて信じられないことだと思います。

物の値段というのはあってないようなもので、輸入品などは粗利が90%(!)だったりします。
その分、売れ残ると関税と消費税を丸々損してしまうというリスクもあります。
それを考えたら10%くらいアフィリエイターに支払ってでも、物がはけてしまうほうが良いのかもしれません。

ともかく我々の立場からしたら、コミッションの高いものを選ぶにこしたことはありません。
おしゃれなデザインでコミッションが高い商品も意外とありますよね。

posted by 白湯 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

圧倒的にクリック保証型が儲かっている

私の場合
・成果報酬型のアフィリエイト(広告によって実際に成果が生じた場合にのみ、媒体運営者に報酬が支払われるタイプ)
・クリック保証型のアフィリエイト(広告となる文章や画像などに広告主が提供するWebサイトへのリンクを設定しておき、その広告のクリックの回数に応じて報酬が支払われるタイプ)
の両方を使っていますが、圧倒的にクリック保証型が儲かっています。

五月の例ですと
・成果報酬型 (楽天 電脳卸 A8ネットなど)で5万345円
・クリック保証型 (Googleアドセンス バリュークリックなど)で33万3208円
でした。
Googleアドセンスで支払われるアメリカドルは1ドル=107円で計算しています。

成果報酬型とクリック保証型のどちらが儲かるかはアフィリエイトをする人によって大きく変わってくるのですが、物を買ってもらうよりは、広告をクリックしてもらう方が遥かに簡単です。

ある日、楽天で料率1%の家具が10万円分売れました。
私に対する報酬は1000円(ポイント)です。
同じ日に私の運営する転職サイトではGoogleアドセンスの広告が10回クリックされ、11ドルの報酬がつきました。
ほとんど報酬額は変わりません。

アフィリエイトの報酬は一度広告を貼り付けるだけで、後は顧客対応も発送も何もしていないのですから文句は言えないのですが、10万円分のものを売った手伝いをした割には報酬が少ないように感じました。

このようにクリック保証型の方が儲かるなあ、と私が思い込んでいて注力している、という理由もありますが、私の管理するサイトではクリック保証型が成果報酬型の6倍以上も稼いでいます。
posted by 白湯 at 13:37| Comment(6) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。