are_kore.jpg

2005年06月25日

YSTで上位表示されているサイトを分析する

この三日ほどでいきなり上位表示されたサイトが7つほどある。
アフィリエイトの収入が跳ね上がったので気づいた。
つくづくYahoo!の集客力には驚かされる。

狙っているキーワードは月間検索回数6000〜20000回ほどの中堅キーワード。
サイトの数は20万件〜80万件ほどなのでとりたてて競合の多いキーワードではないが、YST対策が苦手だった私にとって夢のような結果だ。
というわけでこれらのサイトを分析する。

サイト構成
・5ページ
・キーワード比率4%
・テキスト:1ページにつき1000文字ほど

YSTはテキスト、というかページ内の要因だけでかなり上位表示が見込める上に、キーワードの比率が高くても現状ではスパムとみなされないようだ。
ページ数も少なくても上位表示されるらしい。
私の運営するサイトの中には3ページで上位表示されているサイトもあるので今のところは大丈夫だろう。

多分テキストの量が大きく関わっていると思う。
検索エンジンは充実したサイトを上位表示させようとしているはず。
それも画像やフラッシュ、動画などで充実しているのではなく、テキストで、だ。
情報は多いにこしたことはない。

リンク状況
・同じジャンルのサイトと相互リンク40件

これは同じジャンルの中でもかなり近い内容を選んでいる。
具体的には

資格のサイト⇔旅行業務取扱管理者の資格のサイト⇔旅行のサイト

ではなく、旅行のサイトだけで相互リンクしている。

Googleは急激に被リンク数が増えるとスパム直行らしいが、YSTはそんなでもないようだ。
多少のプラスになっているだろうし、少なくともマイナスではない。

私の結論としてはYSTは
・テキスト重視のボリュームのあるサイト
・関連したサイトからリンクを集める
・相互リンクでも可
といった所。

またアルゴリズムが変わったら対応しなくてはならないが・・・。

もうひとつ気になるのが、今のYSTには上位表示されてるのに、Yahoo!サーチベータ版では50位くらいのサイトが一個だけある。

なんでかな?
これも経緯を追ってみたい。

ランキングです。
posted by 白湯 at 16:22| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

Yahoo!ディレクトリ登録の絶大な威力

今年の一月にYahoo!ディレクトリに私のサイトがおすすめ新着に選ばれました。
知らずにアクセス解析をぼんやり見ていた私は驚愕しました。
いつもはユニークで150ほどだったアクセスが6000ほどに上がっているのです。
アクセス解析が不調なのかな、と思いましたが、これがYahoo!ディレクトリの威力だったのですね。

しかし、一週間も経つとアクセスは減り、1000程度に収まりました。
それでも以前に比べたら6倍以上になっているわけで、Yahoo!には足を向けて寝られません(笑)

Yahoo!ディレクトリに登録されても一日30人くらいしかアクセスが増えなかったよ、という話もよく聞きます。
これは登録されるところがあまり良くなかったのかもしれません。

Yahoo!ディレクトリに登録・申請する時は
・サイト名に狙っているキーワードをいれる

例:旅行大好き!(旅行サイトの場合)

・「サイト名に入れたキーワード以外の狙っているキーワード」いわば第二・三候補のキーワードを説明文に入れる

例:国内温泉案内と日帰り家族旅行のレポートなど。

・狙っているキーワードで検索し、一ページ目の一番初めに出てくるディレクトリを狙う

例:旅行、観光

こんなところに着目してみてはいかがでしょうか。


ランキングです。


posted by 白湯 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

YSTとの対決は避けられない

どうもYSTが苦手で、今までGoogleとYahoo!ディレクトリでごまかしてる感があったが、そうもいってられない。
Yahoo!検索ベータ版を見る限り、Yahoo!の表示形式は他国のそれ同様、ページ検索結果とオーバーチュアなどスポンサーサイトに絞られるようだ。

現在のYahoo!で検索しても一番下にはYahoo! SEARCH(ベータ版)公開中と表示されている。
これはもうすぐ検索結果を変えますよ、というサインではないか。
というかそうだろう。

Yahoo!ディレクトリは順位変動がほとんどなく、あまりに安定したアクセスを提供してくれるので、頼りっきりになっている。
それが失われたら・・・。
ということで、噂が流れ出した2ヶ月前からYSTの情報を集めている。
対策も施し、まあぼちぼち、といった効果が出始めた。
それでも苦手だが、そうも言ってられない。

Yahoo! SEARCH(ベータ版)で「スーツ」と検索すると「紳士服、スーツ > 小売店」「 ショッピング > 紳士服、スーツ」のディレクトリだけが表示される。
ディレクトリのフォルダのマークをクリックしないとディレクトリ内容は表示されない。

アクセスよりもコンバージョン、クリック単価を重視しているとはいえ、誰も見てくれなくては稼げない。
のらりくらりと逃げ回っていたが、いよいよYSTとの対決は避けられない。

ランキングです。


posted by 白湯 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

Sandbox Effect?と絶対的な順位

いろいろとSEOの情報を探しているうちにSandbox EffectというGoogleのフィルターの存在を知った。
実際あるのかないのか、よくわからないものだが、商用キーワードを狙った新規サイトにペナルティが課せられる、というものである。
私は自分を鑑みたが、商用キーワードを狙ったド新規のサイトでも上位表示されている。
またうわさに翻弄されている、と思った。

とにかくSEOはイタチごっこ、といわざるを得ない。
検索エンジンの後をついてフラフラしているのはつまらない。
かといって検索エンジンは無視できるほどアクセス源として小さなものではない。
流行っているサイトは検索エンジンなどに媚びずに、ブックマークだけで数千というアクセスを稼ぐが、すぐ真似できるものではない。
よっぽど充実したコンテンツが必要になるか、サイト管理人が有名でなくてはならない。

というわけで絶対アクセスにも繋がる話だけど、絶対的な順位、というものがあるように思う。
運営するサイトのうち、数回のアルゴリズム改変にびくともしないサイトが4つほどある。
これらのサイトはテキスト量とページ数が多く、キーワードの数は多いが、比率は低い。
100ページで1ページのテキスト量が500〜1000文字、キーワード比率は3%、など。

一日で全部読みきれないようなボリュームだが、内容の充実度はひとまず置いて、このくらいのサイトボリュームがあれば上位表示は守りきれるのではないだろうか。
検索エンジンにもユーザーにも「○○といえばこのサイト」というお墨付きを貰うことが、遠回りなようで一番の近道なのだと思う。

思ってはいるが、小手先のSEOに比べるとこれらのサイトは制作にひどく時間がかかるし、運も関わってくるのである。
うーん。

ランキングです。

posted by 白湯 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

Update Bourbon後のSEO施策結果

Update Bourbonで多大な影響を受けた私はUpdate Bourbon後のSEOの方針を定めるためにテストサイトを作りました。
早く結果が見たいので確実にYahoo!の静的なページからリンクを貰う方法を使う。
これならアップロードして二日以内にはGoogleにインデックスされる。
たまに一週間くらいかかるけど。

狙っているキーワードは月間検索回数が 62211 回 サイト数が1220000 件(Google)です。
ちょっと私の腕では難しいかな、と思うようなキーワードでしたが、晴れて12位につきました。
10位以内を狙ったのですが、さすがに競合が多く、インバウンドリンクがほとんどないので難しいようです。

私のSEOスキルが全く通じなくなったわけではなさそうなので、安心しました。
YSTのSEOがすごく苦手で、未だに偶然以外では上位表示できない私にとって、GoogleとYahoo!ディレクトリはとても貴重なアクセス源なんです。

ちなみにページ数は6ページしかありませんが、テキストは1ページに600文字ほど。
ちょっとボリュームを持たせました。

このサイトは早速Googleアドセンスで2ドルほど稼いでくれました。
このまま続けば月に6000円くらいは稼いでくれるサイトになります。
もっとページ数とインバウンドリンクを増やして成長させて、月1万円くらい目指したいですね。


posted by 白湯 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

Update Bourbon で落とされたサイトを復活させる施策

10位以内から20位くらいまで落とされた、とこのブログで書いていたが、さらに100位以下まで落とされている。
なかなか深刻だ。
先月に比べると、このままいけば15万円は収入が減る。
それでも想定内ではある。

Update Bourbon でこんな風になったでも分析したとおり、キーワードの比率が高いものが落とされている。
少なくとも私のサイトはそうだった。
ページ数で調べていると昨日の分析を裏付ける結果がでた。

やっぱり、順位を落とされているサイトはページ数が少ない。
Googleには「サイト」の概念が無く、ページ単位で順位付けをしていると思っていたが、サイトのボリュームがないものがひどく落ち込んでいる。

具体的には5ページ以下のサイト。
そもそも5ページ以下、という時点でサイトとしては頼りないものだが、Update前は上位表示されていたので、こんなもんでいいのか、と手を抜いていた部分がある。

サイトの構成が8ページ以上あり、1ページに500文字以上、キーワード比率が5%前後のものは軒並み上位表示されている。
最低限これだけの、というボリュームとキーワード比率さえ守れば、Update後のSEOも難しくない、と見た。

立証するために今から「サイトの構成が8ページ以上あり、1ページに500文字以上、キーワード比率が5%前後」のサイトを作ります。
昨日のは6ページしかなかったので。
posted by 白湯 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Update Bourbon でこんな風になった

2005/0517から始まり、06/21に完了する、というGoogleのUpdate Bourbon。
特に何も変わらないという話も聞くけど、影響を受けた人もいる。
残念ながら私もその一人です。

絶対的なアクセスさえあればこんなことで右往左往しなくてよいのだけど・・・。
とにかくどのサイトが落ちて、どのサイトが上位表示を維持できたのか、調べなくてはならない。
そのためにたくさんサイトを作ったのだから。

現在保有するサイト47個のうち、順位が下がったのが35個。
下がった35個は大体10位以内にあったものが、20位以下まで下げられている。
順位を維持しているものは変化なしで、ちょっとだけ上がったりしたサイトもある。

両者を比較すると順位が落ちたサイトには以下の特徴があった。

・キーワードの比率が高い。(8〜12%)
スパムサイトを徹底的に落とすつもりらしいので、キーワードの比率が高いサイトにペナルティを課しているのかもしれない。

・テキスト量が少ない
ページ数やテキストの量が少ないものが落ちていて、一番テキスト量が多いサイトは順位が上がっていた。

こうしてみると、「内容に乏しいのにキーワード比率だけ高い」サイトが落ちているように思う。
というわけで「テキスト量を増やして、キーワード比率を5%にしたサイト」をUPしましたのでその順位を見てから、自分の今回のUpdate結果を判断したい。
posted by 白湯 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月15日

絶対的なアクセス

Googleのアルゴリズムが大きく変わったように思う。
私の運営するサイトも軒並み順位が下がってしまった。
10位以内に入っていたサイトが30位以下まで下がるのだから、収益も落ちてしまう。
多分月間10万円は落としてしまっただろう。

でもこれは堀江君の言葉を借りれば想定内というやつで、元来検索エンジンからのアクセスは不安定だ。
安定したSEOを施している人もいるだろうけど、大抵はアルゴリズムが変わるたびに右往左往しなくてはならない。

今あるプロモーションの中ではSEOを使った集客は群を抜いている。
それは集客を生み出している検索エンジンそのものが膨大なアクセスを稼いでいるからである。
何故膨大なアクセスを稼げるかというと、人の役に立つ、便利なコンテンツを有しているからだ。
つまり「人の役に立つ、便利なコンテンツを持つサイト」は検索エンジンに媚びる必要が無い。

問題はどうやって便利なコンテンツを作るか、だけど、これさえクリアすれば検索エンジンの顔色を伺ってサイト作りをしなくても済む、と信じています。
posted by 白湯 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月14日

相互リンクは是か非か

アフィリエイトで稼ごうと思えば集客が大事になってきます。
というわけでSEOに着手して半年弱、いろいろ手法は変わっていきますが「相互リンクが上位表示に貢献するのか」そこが未だに不透明でした。

私がSEOをやり始めたころは小手先のタグチューニングと相互リンクだけで、かなりメジャーなキーワードでも上位表示できました。
もちろんリンク先は100件単位で集めなくてはなりませんが、上位表示で得られる恩恵を考えたら安いものです。

しかし、SEOという手法が人気を得るにつれて上位表示は難しくなり、YSTに至ってはコレといった対策方法は見つかりません。
Yahoo!カテゴリがダイジェストページから消えるという噂がよく聞かれますが、そうなるとますますYST対策は重要になってきます。

私は自分でテストサイトを50個ほど作って相互リンクしてみました。
結果、Googleでは18位が4位になる、といったように効果がわかるほど順位が上がりましたが、YSTはまったく上がりませんでした。
下がりもしません。

今度はキーワードをできるだけテキスト内にちりばめ、相互リンクではなく、一方通行のインバウンドリンクを50集めてみました。(もちろんテキストリンクです)
結果、50個のサイトに持ち上げられたサイトはGoogleはもちろん、YSTでも上位表示されるようになりました。
結論として、相互リンクは有効であるには変わりないが、可能な限り相互ではなく、一方的に張られている状態が望ましいと思われます。

SEOを施策している人にとっては当たり前の、退屈な結果になってしまいましたが、インバウンドリンクをいかに効率よく集めるか、がSEOの極意なのではないかと考えています。

posted by 白湯 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

H1タグをCSSで小さくしたら

H1タグをCSSで小さくするのはスパムなのか。
これを問うといまいち煮え切らない答えが返ってきます。
「順位が下がってしまうかもしれないが、リンクポピュラリティでカバーできる程度」とか「○○というSEO業者がスパムじゃないと言っていた」とか。

というわけで実験してみることにしました。

実験方法は
・同じキーワード比率
・同じ文字数
・同じレンタルサーバー
・同じページからリンクした
片方はH1タグをそのままの大きさで、もう片方はH1タグをCSSで10pxまで小さくした、二つのサイトのランキングを調べるというもの。
実験に使ったキーワードは月間検索数が5600回ほどのもの。

インデックスされやすいようにジオシティーズを使う。

この実験の結果、上位に表示されたのはH1タグそのままのほうでした。
しかしその差はわずかで、H1タグをそのままの大きさが11位、H1タグをCSSで10pxまで小さくした方が16位でした。

「H1タグをCSSで10pxまで小さくした」という事以外の要因がありそうですが「CSSでH1タグを小さくする」というのはSEO的にあまり気にする程度のものではない、と私は判断しました。


ランキングです。
posted by 白湯 at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

確実にYahoo!の静的なページからリンクを貰う方法

自分の作ったサイトがGoogleになかなかインデックスされずに困っていました。
サイトの推薦を行ないますが、ひどい時は一ヶ月くらいかかったり。
ある日、私の運営しているサイトのうち、Yahoo!ディレクトリに登録されている三つのサイトからリンクを張られているサイト、のインデックスが非常に早いことに気がつきました。
Yahoo!はGoogleのロボットの通り道になっているのでしょうか。

というわけでその二つからリンクを張るようになってから、私のサイトはすぐにインデックスされるようになりました。
これは楽だ、と思っていましたが、ジャンルの違うサイトを作った時にリンクを張りにくいことに気づきました。
Yahoo!ディレクトリに登録されているサイトは「求人情報」と「資格」「インテリア」のサイトだったのです。
さすがに最近作った「テクノ」のサイトへリンクを張るのには抵抗があります。
ぜんぜん関係がありません・・・。

というわけで私はジオシティーズでサーバーを借りることにしました。
ジオシティーズにはジオシティーズでサイトを作った人だけが登録できる、ページディレクトリ、というものがあります。
1サイトにつき、3ページ登録できます。
Yahoo!から静的なリンクが3つも貰えるのですからSEO的な効果もみられるでしょう。

案の定ジオシティーズのページディレクトリに登録したサイトは3日ほどでGoogleにインデックスされていました。
問題はあのでかいバナーなんですが・・・。
なんとかならないかなあ・・・。
posted by 白湯 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。