are_kore.jpg

2005年08月15日

ページの多さと安定感

今回の記事はちょっと私の経験というか、私見になってしまいますが、サイトのページ数に多さが順位の安定感に繋がるような気がしています。
実際に8ページしかないサイトは3検索エンジンでも上がったり下がったり、そのたびに一喜一憂しなくてはなりません。

3位以内に入ってもまた下がるんじゃないのか、と疑ってかかってしまいます。
その点MSNは安定しているように思いますが、Googleなんかは毎日順位が変動しています。

しかし100ページくらいあるサイトで3位以内に入っているものはこの半年間、まったく動きがありません。
はじめにGoogle、MSN、YSTの順番に上位表示され、3検索エンジンで3位以内に入った時からピタッと固定されてしまいました。
逆に1、2位の順位も固定されているので上がりも下がりもしません。

私の運営するサイトのうち5つほどがこの現象にあてはまっております。
ページ単位で評価するものと考えられていますが、そうなるとどんなキーワードでも1ページで上位表示できるということになりますよね。

それはさすがにありえないのではないかと思います。
同じ充実度で100ページあるサイトのほうが有利であるべきではないでしょうか。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:33| Comment(4) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月13日

アマゾンのサイトの厚みに驚きました

アマゾンって何かと上位表示されていますね。
ためしにGoogleで「浜崎あゆみ」と入れてみたら8位に出てきました。
すごい。

なぜこんなに検索結果に出てくるんだろうと調べてみました。
なんと!
アマゾンのインデックスされているページ数は1900000ページです!
190万!

ということは190万ページからトップページにリンクポピュラリティが付与されていることになります。
もうそこまでいくとリンクポピュラリティがどうとかのレベルではないような気がします。
バックリンクはsite:・・・で調べてみたところ40万弱ぐらいだったのですが、そんなものではないでしょう。

とにかく検索エンジンからも「なんかもう、とにかくすごい充実したサイト」という風に格付けされているんじゃないでしょうか。
しかし200万近くのページ数を構築するのも圧倒的ですが、それらがインデックスされているのも驚きです。

このアマゾンのサイト構成には超競合ジャンルを勝ち抜く謎が隠されているように感じます。
もうちょっと調べてみます。

ランキングです。
posted by 白湯 at 14:42| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

インデックス数の増加と上位表示

今日はかなり革命的な結果を目の当たりにしました。
かねてからインデックス数と順位は密接な関係があるとは思っていたのですが、今回の結果は非常にわかりやすいものです。
(ちなみにインデックス数とはGoogleのです)

今回話の中心となるサイトは全部で600ページあります。
このサイトはインデックス数が大体80ページくらいしかありませんでした。
全然読み込まれていなかったのです。

まあ そのうちインデックスされるだろうと放っておいたのですが、なかなか増えません。
そこでリンクの基点となるページに外からリンクを集め、クローラーが回りやすい環境をつくりました。

今日インデックス数を見てみると581ページとほとんどのページがインデックスされていました。
もちろん順位はハネ上がります。
なかば諦めていたキーワードも500位以下から2位に浮上しています。

内部リンクのリンクポピュラリティなのか、テキスト量の増加なのか理由はよくわかりませんが、とにかくインデックスされている数が多いというのは有利だと改めて実感しました。
もっとページ数を増やせないものか・・・。

しかし4000とか5000ページ作ろうと思うとシステムの力が必要になります。
少しずつ勉強するか、システムやってる人に任せるか・・・。

外部からリンクを集めることがそれほど有意義なことなのか、わからなくなってきました・・。

ランキングです。
posted by 白湯 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

実験:被リンクは質か数か

長年の謎が被リンクは質か、数かどっちを優先すべきか、ということです。
関連性がなかったり、ページにテキストが少ないとか、同じドメインからの多すぎるリンクは意味ないとか、被リンクにも質があると思いますがどうなのかな?

Google Ask は関連性重視(質重視)でYST MSN はとにかくバックリンクの数・・・と思い込んでいますが、Googleでも関係のないサイトからリンクを張られているサイトが上位表示されています。
質か量か。
あるいはどっちもないとダメなのか、検索エンジンによってどのくらい評価が違うのか。

迷ったら足踏みせずに実験です。

01.というわけで50ページほどのサイトを作り、そこから一斉に順位を上げたいサイトにインバウンドリンクを張ります。
相互リンクではなくインバウンドで。

02.更にそれを小型の検索エンジンに500〜1000件ほど登録。

03.50ページ間をクローラーが良く回るようにナビゲーションはテキストで、わかりやすく。

04.実験サイトとはいえ、ある程度検索エンジンに露出することも考えてユーザビリティに気をつける。

05.ジャンルは「50ページサイト」と「順位を上げたいサイト」で同じものを。

ちょっと時間がかかりそうですが、一応50ページから一斉にリンクを貰う形になります。
それが対象となるサイトの順位にどう関わっていくか、検証したいと思います。


ランキングです。
posted by 白湯 at 13:40| Comment(5) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

YSTが急上昇

いきなりYSTの順位が上がっています。
それも17位〜20位のものがいきなり2位とか4位とか。
大幅な改変があったとは聞いていたけど。

今回のYSTのアルゴリズム改変はいまいち不人気だそうですが、私にとっては大きなビジネスチャンスです。
アクセスが格段に上がってますからこれはかなり収益アップが見込めそうです。

YSTで順位が上がっているものを調べましたが、Yahoo!ディレクトリに登録されているという共通点がありました。
いろんなキーワードで調べましたが、Yahoo!ディレクトリに登録されてるサイトが優遇されてるみたいです。

これはビジネスエクスプレスの顧客を減らさないための改変でしょうか。
一月に何百万と稼げるものですから、このまま弱体化させるのは気が咎めたのでしょうか。

しかしオーバーチュアの有料広告のほうが遥かに儲かるはずですから、広告に力を入れるのは間違いないと思います。

それにしても今の検索結果とベータ版の検索結果、あんまり変わらなくなってきたように感じています。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ハブページを作る

私がサイトを運営していて一番しょんぼりするのがインデックスから削除されることです。
何しろ検索結果に全く出てこないわけですから大変です。

私は相互リンクをよくするほうなので、あまり消されることはないのですが、リスクヘッジは大事です。
ではどういったページが削除対象にならないのでしょうか。

私なりの答えとしてたくさんリンクを張られることだと思います。
それもYahoo!のような重要なサイトから。

しかし運営しているサイトがすべてYahoo!に登録されるわけではありませんし、サイトのジャンルによっては被リンクが少ないものもあります。
こういったサイトは注意が必要です。

というわけで、運営するすべてのサイトにリンクを供給するハブページを作ります。
自分のサイトのためだけのリンク集であり、リンク供給係です。
ページ数もできるだけ多く、小型のサーチエンジンにも1000〜10000登録してクローラーが良く巡回する環境を作ります。
できればYahoo!ディレクトリやdmozにも登録しておきたいところです。

このようにクローラーの通り道を作ることでインデックス削除を免れるのではないかと考えています。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

MSNは昔のGoogleにちょっと似てる

あくまで私見ですが。

私がSEOを始めたころは「検索にガンガンヒットするホームページの作り方」がバイブルみたいな感じで、読みやすく、要点がわかりやすいので片時も離さず参考にしていました。

今でもテキストベースのサイトを作ったりするのはその名残かもしれません。
半年ちょっと前ですが、この頃はSEOもそんなに難しくなくて、本に書いてある通りやればだれでも上位表示できたような気がします。

フラッシュや画像は多用せず、テキストを充実させる。
良質の関連性のあるサイトからリンクを貰う。
見出しや段落などを論文の構造に近づける。

これらは今も私が信仰している項目ですが、Googleではあまり短期間では通用しなくなってきました。
YSTはリンクの数が重要みたいですが、アルゴリズムがまだ安定していないように感じます。
クロールも二者に比べると遅い。

今のMSNは昔のGoogleにちょっと似ているような気がします。
上に挙げた項目を守れば上位表示できると思います。
スパムもやらず、地味にSEOを施していけば結果がついてくる部分が、あの頃のGoogleに似ているような気がするのです。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月31日

一個小隊・リンク編成

SEOのために相互リンクをはってリンクポピュラリティを得る、というやり方は昔からあるものです。
SEO黎明期から続いており、被リンクの質と数を重要視する今日の検索エンジンに対して、唯一普遍的な順位を約束してくれるものだと信じています。

ただし、どうも闇雲に相互リンクするのは良くないようです。
数が多くなるとリンクファームスパムになりますし、ユーザーにとってもリンク先が異様に多いのは迷惑です。

というわけで私の管理するサイトたちは「一個小隊」と名づけた最小限のコミュニティを形成しています。
今はサイトが70個以上ありますので、それらを全て相互リンクするのではなく、関連性のあるものを10〜15個集めてリンクしています。
このくらいの規模であればリンクファームにもならず、ユーザーにとっても自然に見えるのではないかと考えました。

どのサイトも検索エンジンのどれかで上位表示を果たしていますので、ぼちぼちの結果がでていると思います。

ランキングです。
posted by 白湯 at 12:03| Comment(4) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

トップページに10000文字作戦敢行・結果

トップページに10000文字作戦敢行という極端な施策を行っておりましたが、簡単な結果が出ました。
Googleで16位、MSNで23位でした。(YSTはまだです・・相変わらず遅いなあ。)

・・・この結果、いまいちですね・・。
一般的には20位以内は上位表示と呼ばれますが、狙っているキーワードの月間検索回数がそう多くないのでアクセスはあんまりありません。

やっぱり文字が多ければいいというものではないのだということが良くわかりました。

しかし、収穫が一つありました。

10000文字あればその中にキーワードをたくさん盛り込めるということです。
5、6種類くらい設定してもあまりしつこくなりません。
SEO的には狙うキーワードは多ければ多いほど良いと考えていますので、母数である全体のテキスト量はやはり多めでいこうと思いました。

でも多くて4000文字くらいでしょうか。
それでも多いかも。
とにかく10000文字はユーザビリティ最悪です・・最後まで読む人いないですよね。


ランキングです。
posted by 白湯 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

個人のサーチエンジン登録・自動リンク登録

個人のサーチエンジン登録・自動リンク登録って皆さんはしてますか?
私は今まであんまりしていませんでした。
動的リンクは重要視されない、とか登録しすぎるとスパムになる、とかいろんなネガティブな意見があり、相互リンクをコツコツと実施していました。

しかし、動的リンクとは言え、クローラーがまわってくる通り道になることは考えられます。
頻繁にクローラーが回ってくるということはSEO的見地から見て、非常に有益なことだと思います。

迷っていたのですが、やってみないとあやふやなままなので、登録してみることにしました。
とりあえず新規に立ち上げた
頭痛のサイト
目的:アドセンス収入
ページ数:6ページ
月間検索回数:4000回

これを小型の検索エンジン600件と自動リンク集400件に登録していこうと思います。
これで順位が上がるとは到底思えませんが、検索エンジンに対する露出は確実に増えると判断しました。

ランキングです。

posted by 白湯 at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

1ページで上位表示できるか

しばらく気にはなっていたのですが今までやってなかったのが1ページで上位表示できるか、というものです。
これも実験的につくってみました。

検索エンジンは現状、サイト単位ではなく、ページ単位で評価を下していると思っています。
実験として作ってみたのは

・保険系
・月間検索回数5000回のキーワード
・トップページ3000文字
・HTML出力の小型サーチエンジン10件登録
・関連サイト5個からインバウンドリンク

予想ではGoogleなら3〜4日でクロールされるはずです。
一応目標は30位以内。
競合サイトもぼちぼちで、上記の条件でも30位くらいならなんとかなるかな。

とにかくこれも順位を追ってみたいと思います。
Yahoo!やMSNがもっと早く拾ってくれたらいいのになあ。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:20| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

関連性のないサイトからのリンクは・・・張らない

とタイトルにはしましたが、非常に迷いました。
現在主要検索エンジンは関連性のないサイトからのリンクも評価するか、少なくともマイナス要因にはなっていないように考えています。

Ask.jpは関連性のないリンクを排除しているように見受けますが、最近のGoogleも評価が下がったような気がしています。
趣味で作ったサイトからもアフィリエイトサイトにリンクを張っているのですが、あまり効果がないような。

しかし、YSTでは関連性を問わず、単純なバックリンクの数が効いているように思います。
上位表示されているサイトを分析してみても全然関連性のないサイトからたくさんリンクを受けているケースがよくあります。

これからはどうでしょうか。
ただでさえ権威のあるサイトからのリンクが評価対象になりつつある検索エンジンですから、関連性のないサイトからのリンクに対して評価は下がるのではないかと推測しています。

SEOは乱暴な言い方をすると「いいサイトを作る」になりつつあります。
そう考えると、関連性のないサイトからリンクを張るのは得策ではないと結論付けました。


ランキングです。
posted by 白湯 at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

実験:トップページに10000文字作戦敢行

タイトルからしてダメっぽい感じがしますが、私の感覚ではYST、MSNはページ内要因を非常に重視しているように思います。
だからといって10000文字はないだろうという感じもしますが、一度やってみれば結果がでますし、それは後学に繋がるでしょう。

続きを読む
posted by 白湯 at 10:18| Comment(4) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月20日

サイト50個・ページランクの更新結果

最近ページランクの更新がありましたね。
今時ページランクなんて気にしている人は居なさそうですが、評価されると嬉しいものです。

私の運営する50サイトにも多少動きがありました。
これらはほぼ相互リンクの形を取っていますのでリンクポピュラリティはどれも同じくらいです。

結果は
続きを読む
posted by 白湯 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

公式サイトに勝つには

MSNは公式サイトを上位に表示している、とよく聞きます。
これは検索エンジンとしては良い傾向だと思います。

しかしSEOをやっていく上では都合よくないのかもしれません。
ユーザーが検索結果を見て、公式サイトにアクセスが集中してしまうからです。
ある意味仕方のないことだとも言えるのですが。

というわけで公式サイトに勝つにはどうすればよいでしょうか。
続きを読む
posted by 白湯 at 10:03| Comment(1) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月15日

SEOを極めるにはどうすればいいか

アフィリエイトで稼ぐ以上、SEOを全く意識していない人はいないでしょう。
SEOさえ自分の思い通りにできるのであれば、百万でも二百万でも好きなだけ稼げます。
この渦中のSEOを極めるのにはどういった手段が挙げられるでしょうか。

続きを読む
posted by 白湯 at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

YST:ハブ・オーソリティの概念

・ハブ
関連するページへ多くリンクを発しているページは情報連絡網として役に立つ、として評価されたページ。

・オーソリティ(権威)
多くのハブページからリンクされているページは、その情報について権威がある(重要度が高い)とみられる。

ざっくりいけばこんな感じだろうか。
このアルゴリズムはけっこう良いのではないかと思う。

スパムがやりにくいからである。
ハブとして認められるサイトを短期間で作るのはなかなか難しい。
長い時間をかけて検索エンジン、ユーザーから信頼を得ないといけない。

こうしたハブと呼ばれるページに限らず、有名サイトからリンクを貰うのがこれからの(これまでもだけど)SEOでは特に重要になるのではないだろうか。
たとえばAll about Japan など。

長期的なスパンで考えると、自分でハブと呼ばれるリンクページを多数保有することが将来の安定した上位表示に繋がるのではないかと思う。
コツコツ始めてみます。

ランキングです。

posted by 白湯 at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月02日

MSNの今後

MSNの動きが気になる。
自分のサイトが上位表示されているので、特に期待しているというのもあるが、これからMSNはポータルサイトとしてかなり力を入れてくるに違いない。
米国同様40%のシェアを狙う、というからかなりの意気込みではある。

率直な意見として、それは難しいんじゃないか、と思った。
40%のシェアにしようと思ったらかなり検索エンジン業界をひっくり返すような武器がないとダメだろう。
新しいMSNサーチを使ってみたけど、そこまでの高性能には現時点では感じなかった。

大方の見方としては「シェアは増えるかもしれないけど、Yahoo!、Googleについで三位ぐらいじゃないの?」といったところでは?
私もそうなんですけど、一つ気になることがある。
新しいOSの発売である。

ロングホーンと呼ばれるそのOSは2006年中には発売されるという話だ。
遅れることも大いにありえるので、ちょっと先の話になるけど、何かMSNと連動したサービスが組み込まれたりしないだろうか。
インターネットエクスプローラーに検索窓付きのツールバーを取り付けてしまうとか。

Yahoo!は日本で圧倒的な知名度をもっているが、マイクロソフトはもっと知名度がある。
知らない人はほとんどいないんじゃないのかな。
何より資金力があるし、インターネットサービスを享受するためのパソコンに必要な「OS」を牛耳っている。

今までの感覚でなんとなく「MSNなんかあんまり誰も使わないんじゃないの?」と思うのは危険な気がする。

ランキングです。
posted by 白湯 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月01日

情けない失敗

SEOに関してはいつでもある程度の結果を残せていたので多少思い上がっていたのですが、ひとつだけ上位表示がままならないキーワードがありました。
リンクを張ってもキーワードを増やしても、テキストやページ数を増やしても一向に順位があがりません。
相互リンクは60件、インバウンドリンクの数は15件ほど、Yahoo!ディレクトリにも登録されています。
何故?

今まで難しいキーワードでも50位以内に入らないということはなかったのですが、Google、YST、MSNどれも500位圏外でした。
他にもたくさんサイトはありますので、いつしか忘れてしまいました。

しかし、最近になってキーワード単価を調べていると、件のキーワードはやはり高いようでした。
月間検索回数も25000件と充分稼げそうです。

というわけで改めて見直した時にびっくりしました。
キーワードの「ー(伸ばす)」を「-(マイナス)」と間違えていたのです。
しかもコピー&ペーストをしていたのですべてです。

慌てて「ー(伸ばす)」に変えた4日後の今日、晴れてYSTだけ10位に入ってくれました。
Google、MSNは未だに500位圏外です。
アホだと思われているのでしょうか・・・!

ランキングです。
posted by 白湯 at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月30日

俺、MSNのこと・・・

MSNからのアクセスが急に増えました。
新しい検索エンジンが採用されたころを境に一気に増え、全体のアクセスの20%近くを稼いでくれています。
Googleの順位が下がっていた分を補って余りある恩恵です。

というのもYSTやGoogleで良くて5位、悪くて30位くらいのサイトがMSNでは1位になっています。
我ながら「いくらなんでもこのキーワードで私のサイトが1番というのはまずいだろう」と思いますが、SEOの効果が見られるのは嬉しいことです。
MSNのアルゴリズムと私のやり方が合っていたのでしょうか。

どんなサイトが1位になっているかと言うと
・1ページ1500文字
・全部で8ページ
・関連相互リンク30件
・自動リンク・Yomiサーチ系は登録せず
です。

あんまり参考にならないですね・・。
テキストが多いことを除けば普通のサイトです。
ようはテキストが多いサイトが有利というのは、どの検索エンジンでも共通しているのかもしれません。

うーん MSNのこと好きかもしれない・・・。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。