are_kore.jpg

2005年08月19日

実験:ディレクトリ分けはどのくらい効果があるのか

いつもコメントしてくださるもっすさんにピラミッド状のリンク構造の重要さを改めて教えていただきました。

ピラミッド状のリンク構造とはサイトのテーマに合わせてディレクトリを用意し、より専門性のある記事であることを検索エンジンに知らしめる構造です。
もちろん対人的にもわかりやすくまとまるのでSEOの手法としては基本的なことです。

しかしすっかり忘れていました。
はじめの方に作ったサイトはピラミッド状になっていますが、最近のは一つのフォルダに120ページとか、無茶しているものです。
120ページを細分化し、テーマごとにディレクトリ分けしなくてはなりません。

というわけで

・1ページ600文字
・全部で140ページ
・月間検索回数10000回のキーワード狙い
・運営して4ヶ月
・Googleで11位

のサイトの「全部で140ページ」この部分を

・ディレクトリ10〜15に分ける

という実験を行います。
各ディレクトリのトップに当たる部分のファイル名はindex.htmlとします。

これは比較的すぐにできると思いますので早めに取り掛かろうと思います。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!今日夕方にブログのアクセス解析みたら軒並みアクセス数が増えてたのでビックリしたら、なんと私のブログを記事にして頂けたとは…!?

私なんかアフィリエイトの負け組みですし、白湯さんに記事にして貰えるなんて、正直申し訳ないというか、恥ずかしい気がします^^;

白湯さんの実験されている、テーマを揃えるというピラミッド状の理論、私も結果を楽しみにしております。私もリンク集でもない限りは大分類でディレクトリを分けています。

ちなみに私の体感ではindex効果は…あ、いやなんでも^^;

また来ますね♪
Posted by もっす at 2005年08月19日 23:46
こんにちは!
アクセスが増えていましたか?
私のブログでも影響はあるのでしょうか・・!

負け組みなんて寂しいこと言わずに一緒に儲けてやりましょうよ(笑)
アフィリエイトの収入はなかなか頼もしい。

また違ったピラミッドになっちゃいましたかね。
index.htmlは私も首かしげながらやってるんですけど、降格には繋がらないだろうと考えて一応やっております。
Posted by 白湯 at 2005年08月21日 12:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。