are_kore.jpg

2005年08月09日

インデックス数の増加と上位表示

今日はかなり革命的な結果を目の当たりにしました。
かねてからインデックス数と順位は密接な関係があるとは思っていたのですが、今回の結果は非常にわかりやすいものです。
(ちなみにインデックス数とはGoogleのです)

今回話の中心となるサイトは全部で600ページあります。
このサイトはインデックス数が大体80ページくらいしかありませんでした。
全然読み込まれていなかったのです。

まあ そのうちインデックスされるだろうと放っておいたのですが、なかなか増えません。
そこでリンクの基点となるページに外からリンクを集め、クローラーが回りやすい環境をつくりました。

今日インデックス数を見てみると581ページとほとんどのページがインデックスされていました。
もちろん順位はハネ上がります。
なかば諦めていたキーワードも500位以下から2位に浮上しています。

内部リンクのリンクポピュラリティなのか、テキスト量の増加なのか理由はよくわかりませんが、とにかくインデックスされている数が多いというのは有利だと改めて実感しました。
もっとページ数を増やせないものか・・・。

しかし4000とか5000ページ作ろうと思うとシステムの力が必要になります。
少しずつ勉強するか、システムやってる人に任せるか・・・。

外部からリンクを集めることがそれほど有意義なことなのか、わからなくなってきました・・。

ランキングです。
posted by 白湯 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前からROMさせてもらっていました機械忍者といいます。よろしくです。
何か情報になればと思い投稿させてもらいます。


僕の感覚値ではあるのですが、
サイト内の5000個リンクをもらうのとサイト外から1000個リンクをもらうのが同等ぐらい(数字適当)の、いわゆるサイト内とサイト外の「格差」はあるように思います。

A:外部リンク500件の20ページサイト
B:外部リンク10件の2000ページサイト

上記であれば多分Aが勝つと思います。
どこでバランスが取れるのかはまさに「アレをやったらこうなった」って話ではあるのですが。


まぁ、そもそも外部から全くリンクが無い状態で内部だけ異常にリンクされている状況というのを仮に作ったならば、それはそれですごく不穏な香りがしますよね。

よほどのことがない限り外部からリンクを集めることは非常に重要だという認識でいるのですがいかがでしょうか?
Posted by 機械忍者 at 2005年08月09日 12:09
機械忍者さん
はじめまして、こちらこそ宜しくお願いします。

むむむ なるほど、やはり外部リンクのほうが重みがあるかもしれないですね。
少なくとも評価が同じということはないですよね。

>まぁ、そもそも外部から全くリンクが無い状態で内部だけ異常にリンクされている状況というのを仮に作ったならば、それはそれですごく不穏な香りがしますよね。

確かにそうですね、不自然ですね。
外部リンクも内部リンクも質の高いものを多く、ですね。
当たり前ですが・・。

>よほどのことがない限り外部からリンクを集めることは非常に重要だという認識でいるのですがいかがでしょうか?

仰るとおりだと思います。
やはり外部リンクこそ全てなのかも。
貴重なご意見、本当にありがとうございました。
例も具体的でとてもわかりやすかったです。
Posted by 白湯 at 2005年08月10日 11:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5738686

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。