are_kore.jpg

2005年07月29日

トップページに10000文字作戦敢行・結果

トップページに10000文字作戦敢行という極端な施策を行っておりましたが、簡単な結果が出ました。
Googleで16位、MSNで23位でした。(YSTはまだです・・相変わらず遅いなあ。)

・・・この結果、いまいちですね・・。
一般的には20位以内は上位表示と呼ばれますが、狙っているキーワードの月間検索回数がそう多くないのでアクセスはあんまりありません。

やっぱり文字が多ければいいというものではないのだということが良くわかりました。

しかし、収穫が一つありました。

10000文字あればその中にキーワードをたくさん盛り込めるということです。
5、6種類くらい設定してもあまりしつこくなりません。
SEO的には狙うキーワードは多ければ多いほど良いと考えていますので、母数である全体のテキスト量はやはり多めでいこうと思いました。

でも多くて4000文字くらいでしょうか。
それでも多いかも。
とにかく10000文字はユーザビリティ最悪です・・最後まで読む人いないですよね。


ランキングです。
posted by 白湯 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Google20位以内ですか!?凄いですね!

私以前、下に永遠と長いページのSEOを頼まれて、実質やった事はタグに強弱性を持たせたぐらいだったのですが、全く効果が出ずで…^^;

それ以来数ページにまたがる内容を1ページに納めたようなサイトは引き受けてませんでした。

凄く参考になりました^^また引き続き情報を知りたいです♪
Posted by もっす at 2005年07月29日 10:44
もっすさん

20位以内ではありますが・・もうちょっと行くかと思ってましたので、残念です。

下に長いページはイマイチですね。
やっぱり見易さというものは大事です。
長くなるようならページを分けないとだめですね。
すごく初歩的なことですが・・。
Posted by 白湯 at 2005年07月31日 12:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5445258

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。