are_kore.jpg

2005年07月13日

アフィリエイト=小遣いとは考えない

何故アフィリエイトをやっているか。
この問いに多くのアフィリエイターは副収入が欲しいから、と答えるのではないかと思います。
無論、私もそうです。

人によっては副収入として、もしくは本業の収入よりも多いかもしれませんが、小遣い程度でよいからやってみよう、というケースが一番多いのではないでしょうか。
私も、あれこれとアフィリエイトで稼ぐ方法を模索している毎日です。

アフィリエイトは本当に小遣い稼ぎにしかならないでしょうか。
これはアフィリエイトで食べていこう、という意味ではありません。
もっと有効活用できないか、という問いです。

通常ネットショップを運営するのは実店舗に比べるとかなり経費を抑えられますが、それでも10万、20万円ではできません。
取り扱う商品にもよりますが、300万円くらいは用意して臨まなくては商売に幅がでません。

これはかなり危険な賭けです。
何しろ商品が売れないということは、仕入れだけでなく、配送料、倉庫代、人件費、輸入品なら関税、消費税、そのたもろもろの諸経費がマイナスになるのです。

アフィリエイトにはこのリスクを限りなく軽減する力があります。
「今、何が、どのように、どんな人たちに、どういった経緯で求められているか」がノーリスクでシュミレートできます。
仕入れも顧客対応も倉庫代もなんにも要らないし、売れなかったとしてもなんの責任もありません。
さらにデザイン・ユーザビリティ・プロモーションの訓練にもなります。

成果報酬で稼げるなら営業してみてはどうかでも語りましたが、アフィリエイトで1000万売れるなら自分で商売やって100万円ということはないでしょう。
百歩譲って売り上げ100万円でもアフィリエイトで1000万売るより遥かに儲かります。
その分大変でもありますが・・。

アフィリエイターはこの特権をもっと生かすべきではないか、と思います。
私は家具のアフィリエイトをやってますが、収入を得るだけではなく、むしろECサイトを立ち上げた際の売り上げ実績データとして活用しようと考えています。

ランキングです。
posted by 白湯 at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白湯さんこんばんわ。
いつのまにかうちのブログへのリンクが!?
今気が付きました。
どうもありがとうございます。

扱っている商品は違うようですけれど、結構ベクトルが近いなあ、といつも記事を拝見して感じています。
ECサイトの方でも同時にアフィリエイトをしている人が多いといいますので、ECサイトの運営系見地、マーケティング実験などの材料として有効なんでしょうね。

うちのブログを見てもらっている方にも、ぜひこちらのブログも面白いので見てもらいたいと思っています。
ので、帰ったらリンクさせていただこうと思います。
Posted by kenny at 2005年07月13日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5047041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。