are_kore.jpg

2005年08月04日

実験:被リンクは質か数か

長年の謎が被リンクは質か、数かどっちを優先すべきか、ということです。
関連性がなかったり、ページにテキストが少ないとか、同じドメインからの多すぎるリンクは意味ないとか、被リンクにも質があると思いますがどうなのかな?

Google Ask は関連性重視(質重視)でYST MSN はとにかくバックリンクの数・・・と思い込んでいますが、Googleでも関係のないサイトからリンクを張られているサイトが上位表示されています。
質か量か。
あるいはどっちもないとダメなのか、検索エンジンによってどのくらい評価が違うのか。

迷ったら足踏みせずに実験です。

01.というわけで50ページほどのサイトを作り、そこから一斉に順位を上げたいサイトにインバウンドリンクを張ります。
相互リンクではなくインバウンドで。

02.更にそれを小型の検索エンジンに500〜1000件ほど登録。

03.50ページ間をクローラーが良く回るようにナビゲーションはテキストで、わかりやすく。

04.実験サイトとはいえ、ある程度検索エンジンに露出することも考えてユーザビリティに気をつける。

05.ジャンルは「50ページサイト」と「順位を上げたいサイト」で同じものを。

ちょっと時間がかかりそうですが、一応50ページから一斉にリンクを貰う形になります。
それが対象となるサイトの順位にどう関わっていくか、検証したいと思います。


ランキングです。
posted by 白湯 at 13:40| Comment(5) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。