are_kore.jpg

2005年08月09日

インデックス数の増加と上位表示

今日はかなり革命的な結果を目の当たりにしました。
かねてからインデックス数と順位は密接な関係があるとは思っていたのですが、今回の結果は非常にわかりやすいものです。
(ちなみにインデックス数とはGoogleのです)

今回話の中心となるサイトは全部で600ページあります。
このサイトはインデックス数が大体80ページくらいしかありませんでした。
全然読み込まれていなかったのです。

まあ そのうちインデックスされるだろうと放っておいたのですが、なかなか増えません。
そこでリンクの基点となるページに外からリンクを集め、クローラーが回りやすい環境をつくりました。

今日インデックス数を見てみると581ページとほとんどのページがインデックスされていました。
もちろん順位はハネ上がります。
なかば諦めていたキーワードも500位以下から2位に浮上しています。

内部リンクのリンクポピュラリティなのか、テキスト量の増加なのか理由はよくわかりませんが、とにかくインデックスされている数が多いというのは有利だと改めて実感しました。
もっとページ数を増やせないものか・・・。

しかし4000とか5000ページ作ろうと思うとシステムの力が必要になります。
少しずつ勉強するか、システムやってる人に任せるか・・・。

外部からリンクを集めることがそれほど有意義なことなのか、わからなくなってきました・・。

ランキングです。
posted by 白湯 at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月08日

アドセンスの銀行口座振込み

やっとですね!
指折り数えて待ちわびたアドセンスの銀行口座振込みの対応です。
噂では一部の人にはもっと早いうちからテスト版が稼動していたらしいですが。

入力も非常に簡単で、あっという間だし。
なにより手数料がとられない円での支払いというのが良いです。
小切手も響きがかっこよくていいんですけど。

先日換金業者に依頼した分が無事振り込まれていました。
全国から小切手を集めるだけ集めて、居なくなるなんていうのも考えられますから銀行を使った方がいいかな〜?
と考えていたんですが。

これでやっかいなドル小切手の手続きから開放されます。

ちなみに銀行コードを入力する欄がありますが、私の銀行のカードにはコードが書いてなかったので、以下のサイトを参考にしました。

http://www.fujicredit.co.jp/db/g_bk_list4.html

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:03| Comment(1) | TrackBack(1) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

Yahoo! Publisher Network?

見慣れないメールが来ていました。
米国のYahoo!からです。
そういえば以前、米国のYahoo!のIDを取ったときに「Yahoo!からのお知らせを貰う」にチェックしたんだった。

英語でよくわからなかったのですが、翻訳サイトで翻訳するとコンテンツ連動型の広告を始めるよ、といったことが書かれていました。
つまりヤフセンスですな?
ついに始まるのか・・頑張れヤフセンス!

これはクリック保証型が主力の私としてはとても良いニュースです!
何しろYahoo!というゴツイ競合が生まれることで、Googleはよりアドセンスというサービスを強化せざるを得ません。
あの傲慢な態度もなんとかして欲しいもんです。

また支払いは日本円で始まるのではないかと勝手に期待しています。
そうすれば手数料もかからないし、時間も短縮できます。

まあアメリカで始まっても日本ではしばらくやらないでしょうから、やっぱり当分はGoogleアドセンスが主力になります。

ランキングです。
posted by 白湯 at 14:17| Comment(4) | TrackBack(0) | アフィリエイトの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月04日

実験:被リンクは質か数か

長年の謎が被リンクは質か、数かどっちを優先すべきか、ということです。
関連性がなかったり、ページにテキストが少ないとか、同じドメインからの多すぎるリンクは意味ないとか、被リンクにも質があると思いますがどうなのかな?

Google Ask は関連性重視(質重視)でYST MSN はとにかくバックリンクの数・・・と思い込んでいますが、Googleでも関係のないサイトからリンクを張られているサイトが上位表示されています。
質か量か。
あるいはどっちもないとダメなのか、検索エンジンによってどのくらい評価が違うのか。

迷ったら足踏みせずに実験です。

01.というわけで50ページほどのサイトを作り、そこから一斉に順位を上げたいサイトにインバウンドリンクを張ります。
相互リンクではなくインバウンドで。

02.更にそれを小型の検索エンジンに500〜1000件ほど登録。

03.50ページ間をクローラーが良く回るようにナビゲーションはテキストで、わかりやすく。

04.実験サイトとはいえ、ある程度検索エンジンに露出することも考えてユーザビリティに気をつける。

05.ジャンルは「50ページサイト」と「順位を上げたいサイト」で同じものを。

ちょっと時間がかかりそうですが、一応50ページから一斉にリンクを貰う形になります。
それが対象となるサイトの順位にどう関わっていくか、検証したいと思います。


ランキングです。
posted by 白湯 at 13:40| Comment(5) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月03日

YSTが急上昇

いきなりYSTの順位が上がっています。
それも17位〜20位のものがいきなり2位とか4位とか。
大幅な改変があったとは聞いていたけど。

今回のYSTのアルゴリズム改変はいまいち不人気だそうですが、私にとっては大きなビジネスチャンスです。
アクセスが格段に上がってますからこれはかなり収益アップが見込めそうです。

YSTで順位が上がっているものを調べましたが、Yahoo!ディレクトリに登録されているという共通点がありました。
いろんなキーワードで調べましたが、Yahoo!ディレクトリに登録されてるサイトが優遇されてるみたいです。

これはビジネスエクスプレスの顧客を減らさないための改変でしょうか。
一月に何百万と稼げるものですから、このまま弱体化させるのは気が咎めたのでしょうか。

しかしオーバーチュアの有料広告のほうが遥かに儲かるはずですから、広告に力を入れるのは間違いないと思います。

それにしても今の検索結果とベータ版の検索結果、あんまり変わらなくなってきたように感じています。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ハブページを作る

私がサイトを運営していて一番しょんぼりするのがインデックスから削除されることです。
何しろ検索結果に全く出てこないわけですから大変です。

私は相互リンクをよくするほうなので、あまり消されることはないのですが、リスクヘッジは大事です。
ではどういったページが削除対象にならないのでしょうか。

私なりの答えとしてたくさんリンクを張られることだと思います。
それもYahoo!のような重要なサイトから。

しかし運営しているサイトがすべてYahoo!に登録されるわけではありませんし、サイトのジャンルによっては被リンクが少ないものもあります。
こういったサイトは注意が必要です。

というわけで、運営するすべてのサイトにリンクを供給するハブページを作ります。
自分のサイトのためだけのリンク集であり、リンク供給係です。
ページ数もできるだけ多く、小型のサーチエンジンにも1000〜10000登録してクローラーが良く巡回する環境を作ります。
できればYahoo!ディレクトリやdmozにも登録しておきたいところです。

このようにクローラーの通り道を作ることでインデックス削除を免れるのではないかと考えています。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

MSNは昔のGoogleにちょっと似てる

あくまで私見ですが。

私がSEOを始めたころは「検索にガンガンヒットするホームページの作り方」がバイブルみたいな感じで、読みやすく、要点がわかりやすいので片時も離さず参考にしていました。

今でもテキストベースのサイトを作ったりするのはその名残かもしれません。
半年ちょっと前ですが、この頃はSEOもそんなに難しくなくて、本に書いてある通りやればだれでも上位表示できたような気がします。

フラッシュや画像は多用せず、テキストを充実させる。
良質の関連性のあるサイトからリンクを貰う。
見出しや段落などを論文の構造に近づける。

これらは今も私が信仰している項目ですが、Googleではあまり短期間では通用しなくなってきました。
YSTはリンクの数が重要みたいですが、アルゴリズムがまだ安定していないように感じます。
クロールも二者に比べると遅い。

今のMSNは昔のGoogleにちょっと似ているような気がします。
上に挙げた項目を守れば上位表示できると思います。
スパムもやらず、地味にSEOを施していけば結果がついてくる部分が、あの頃のGoogleに似ているような気がするのです。

ランキングです。
posted by 白湯 at 10:05| Comment(2) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。