are_kore.jpg

2005年06月14日

相互リンクは是か非か

アフィリエイトで稼ごうと思えば集客が大事になってきます。
というわけでSEOに着手して半年弱、いろいろ手法は変わっていきますが「相互リンクが上位表示に貢献するのか」そこが未だに不透明でした。

私がSEOをやり始めたころは小手先のタグチューニングと相互リンクだけで、かなりメジャーなキーワードでも上位表示できました。
もちろんリンク先は100件単位で集めなくてはなりませんが、上位表示で得られる恩恵を考えたら安いものです。

しかし、SEOという手法が人気を得るにつれて上位表示は難しくなり、YSTに至ってはコレといった対策方法は見つかりません。
Yahoo!カテゴリがダイジェストページから消えるという噂がよく聞かれますが、そうなるとますますYST対策は重要になってきます。

私は自分でテストサイトを50個ほど作って相互リンクしてみました。
結果、Googleでは18位が4位になる、といったように効果がわかるほど順位が上がりましたが、YSTはまったく上がりませんでした。
下がりもしません。

今度はキーワードをできるだけテキスト内にちりばめ、相互リンクではなく、一方通行のインバウンドリンクを50集めてみました。(もちろんテキストリンクです)
結果、50個のサイトに持ち上げられたサイトはGoogleはもちろん、YSTでも上位表示されるようになりました。
結論として、相互リンクは有効であるには変わりないが、可能な限り相互ではなく、一方的に張られている状態が望ましいと思われます。

SEOを施策している人にとっては当たり前の、退屈な結果になってしまいましたが、インバウンドリンクをいかに効率よく集めるか、がSEOの極意なのではないかと考えています。

posted by 白湯 at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SEOの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。